002号 試験体 

002号 試験体(サンプル)

製品名:テーブル

材種:パドゥーク & パープルハート

その他:ガラス、糸

寸法:

 

※ただいま絶賛制作中のため、写真は用意でき次第掲載させていただきます。

 

 

イメージ

 

試験体 002号は、

木・ガラス・糸のハイブリット家具です。

001号の正統派デザインに対し、002号は前衛的なデザインにしてみました。

カラフルだけど、POPになりすぎないよう、配色も検討してみました。

 

 

製材・加工

今回はテーブルの天板はガラスなので、脚部分を製材します。

少々散らかってますが、こんな感じで作業しています。

この中央にある、紫色の材料が、パープルハート。

無塗装で、こんなに鮮やかな紫色をしてるのが特徴です。

 

 

パドゥークも、パープルハートも、従来の家具作りではなじみがないもので、製作者の久保も少々手を焼いているようでした。

どちらの材料も、とにかく堅い材で、キリで穴を開けるのも大変そうでした。

 

 

 
 
 
 部材ができたら早速組み立てです。

組立1

合鍵した脚の部材を組み立てていきます。

どんな材料にも、多少なりと源平は存在しますし、木目の見える方向でも色合いは変わってきます。

この2枚の部材も同じ木材から加工していますが、左側の方が、色が濃い目ですよね。

すべて天然木ですので、この試験体とまったく同じ木目・色味の家具はできません。

そこも天然素材ならではの楽しみですよね✨

 

 

組立2

そうこうしていると、スチームフレームが届きました。

 

これ、一体なんに使うのでしょうか???

 

組立3

※画像準備中
 
そして、今ちょうどここの段階です。
 
フレームと脚を…合体!?
 
この紐はいったい何に使うの!?
 
 
 
 
と、いうところで、今回は終了です😆✨
 
続きはこうご期待です!
 
どんなテーブルができるのかは、またのお楽しみです😆
 
 
 

 

あとの工程は、以下の通りです。

塗装

脚と、スチール部分を塗装します。

今回は黒塗装は市販の缶スプレーで塗装しました。

 

 

装飾

ここで、あの糸の正体がわかります!

こんな感じに糸を張り巡らせていきます。

 

なかなか斬新なデザインですよね!

ぐるぐると3色を合わせて張っていきます。

 

 

張り終えたら最後の仕上げです。

仕上げ

※画像調整中

 

強化ガラスを乗せたら、完成です!!

この家具は弊社2Fの打ち合わせ室にて使用中です。

もう少ししたら椅子が到着します。

届き次第ブログ更新しますので、こうご期待ください😊